日本語
ドローンレースのプロスポーツ化・オリンピック化を目指して

ドローンレース運営者講習

一般社団法人日本ドローンレース協会では、アマチュア人口の拡大や市場の拡張を目指し、多くのドローンレース主催者を増やすために講習会を定期的に実施しています。

ドローンレース運営者講習はAとBに分かれております。
どちらか一つでも役に立つコンテンツとなりますが、JDRAのシリーズタイトルの開催などに必要な運営者ライセンスを取得する条件として、両方の講座を受講する必要がございます。

ドローンレース運営者講習A(ルール・企画運営・ジャッジ)

TINYWHOOPマイクロドローンレースなどから時速150kmのスピードドローンレースまで、ドローンレースのルールや運営方法を中心にスポーツ競技として最も重要な「公平なジャッジ」について説明し、マイクロドローンレースが自ら運営できることをゴールとした内容となります。

◯こんな人におすすめ

・ドローンレースの基本的な知識から注意点を理解したい
・TinyWhoopマイクロドローンレースのレースを自主開催したい
・代理店として新しいイベントやコンテンツを提示したい
・ドローンレースを行う上での前提条件や概要をつかみたい
・イベント主催者としてドローンレースを開催してみたい
・ドローン体験会などのイベントにプラスαを足したい

イベントリンク

[終了]2018/03/26 ドローンレース運営者講習A(東京駅)
[終了]2018/05/14 ドローンレース運営者講習A(東京駅)

ドローンレース運営者講習B(安全対策・利用システム・大規模運営)


主に時速100kmを超えるようなオリジナルカスタマイズ型のスピードドローンを用いた競技における、中規模以上のドローンレースを開催する上で最も重要となる「安全対策」から実際に利用する運営機材や構成を理解することができます。また、具体的な事例をもとに、かかる予算割り振りやプロジェクト進行する上での注意点についてご説明します。

◯こんな人におすすめ

・スピードドローンレースを自治体や企業に提案したい
・ビジネスとしてのドローンレースの可能性を知りたい
・ドローンレースでどのような運営機器を使うのか知りたい
・ライブ配信のシステムや構成を知りたい
・大規模プロジェクトにおける具体的な予算が知りたい
・ドローンレースの演出方法に興味がある
・スピードドローンレースを開催する上での安全対策を理解したい

イベントリンク

[終了]2018/04/23 ドローンレース運営者講習B(東京 浜松町)
[予定]2018/07/24 ドローンレース運営者講習B(東京 麻布十番)