日本語
ドローンレースのプロスポーツ化・オリンピック化を目指して

FPVドローンレース

FPVドローンレースとは?


FPVとはFirst Person Viewの略で、一人称視点。
ドローンレーサーは、ヘッドマウントディスプレイを着用し、
最高時速150kmのスピードで約500gのドローンの先端についたカメラから送られてくるリアルタイム映像を見ながら、まるで自らが空を飛んでいる感覚で操縦します。

FPVドローンレースは”没入体験型の全く新しいモータースポーツ”です。

FPVの仕組みとは?

パイロットは、ゴーグルを装着し、ドローンのカメラの映像を電波に載せて受信する。
操作するコントローラーも無線接続を行うが、2.4G帯と5.8G帯の2系統の電波を利用しています。

これまでに開催した大会実績を一部抜粋

JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI

2年連続仙台市と共催した、興行収入のあるドローンレースとしてははじめての大会となり、1500人以上の観戦者がチケットを購入し熱い戦いを見ていただき、多くの方にドローンレースを知っていただくきっかけになりました。

JAPAN DRONE CHAMPIONSHIP 2017 in ハウステンボス

世界最大級のイルミネーションの上をドローンレースのコースにしてしまうという逆転の発送でドローンレースを導入。空撮コンテストを併催し、テーマパークに来ている人を総合的に楽しんでいたくイベントを行いました。

FOREST DRONE RACING in さがみ湖プレジャーフォレスト

森林の中を時速100kmを超えるLEDをつけて飛び交う映像はまさに「スターウォーズ」の世界さながら。この疾走感が多くのパイロットを惹きつけています。


日本ドローンレース協会では、スピードドローンレース(予算50万円〜5000万円)やマイクロドローンレースTINYWHOOP(予算20万円〜)など大小様々なドローンレースを企画・運営・協力することが可能です。
地方創生や町おこし、教育活用にも最適なスポーツ『ドローンレース』をぜひ一緒に創りましょう!

お問い合わせはこちら