News

世界初の障害物ドローンレース競技「NINJA DRONE 忍」無事終了いたしました!

ドローン版SASUKE(ミッションクリア型競技)「NINJA DRONE 忍」が、2018年11月25日福島県浪江町地域スポーツセンター メインアリーナで開催されました。

時は16XX年江戸時代、伊賀、甲賀など日本全国で活動するすべての忍者が秘伝とする民の平和を保つ忍法の巻物が時の悪権力者に盗まれた。というシナリオのくだりから始まり、様々な罠や仕掛けをクリアしていき、巻物をドローンで釣り上げ帰還するという任務を3分以内にこなすというハイレベルな戦いに全国から多くのドローン忍者が集結しました。

今回の競技は、80g以下のマイクロドローンを目視またはゴーグルなどを装着した機体からの映像で操縦するFPVのどちらを使用しても良いというルールの中、参加者が様々なドローンを使って参加しました。

予選は以上の競技のクリア数及びクリア者は残り時間で上位8名が決勝進出。トーナメント制で最後の試練、ドローンバトル対決。

2機のドローンが地面設置またはヤグラからはみ出さず、風や体当たりでの真剣勝負!さらに鉄砲隊?からの銃撃を外から受けるという一騎打ち。

そして見事秘伝の巻物を奪還し、最高忍者の称号を手に入れたのは、信濃の国(長野県諏訪市)から参戦した矢沢将紀殿でした。
今後より参戦者も観客も楽しめるドローン競技になっていくよう、継続開催していきますのでお楽しみに!

競技会場横では、ドローン体験を開催。たくさんの子供から大人まで飛行を体験していただき、その中から選抜でNINJA DRONE 忍コースも実際に飛行体験していただきました!